モノの把握と整理【神戸市】

April 24, 2018

●モノの把握と整理

 

先日、ヒアリングにお伺いしたお宅の

お片付け1回目に行ってきました。

【関連記事】人を呼べるおウチにしたい!

 

 

この日は、玄関を入ってすぐの洋室と廊下収納から。

 

洋室は、一旦整理して、次回のための仮置き場になるため

少しでもスッキリを実感していただくために、廊下収納に着手。

 

日用品のストック置き場ですが

入りきらないティッシュなどが、洋室に置いてあったため

こちらに定位置を作ることをご提案。

 

 

 

廊下収納から出したものを、

種類別に分ける山本アドバイザー。

 

 

 

クライアント様の、要るもの、不要なモノの判断が早いため、順調に進みました。

 

日用品を中心に、分けて収納。

ストックの数も把握しやすくなりました。

 

 

和室に置いてあった掃除機も、定位置を確保しました。

 

 

そして、洋室は将来、子供部屋として使えるように、

クライアント様のモノは隣の和室へ移動。

今は使用していないベビーベッドが入った箱などは

部屋の張りなどを利用して、置き場を変更。

 

 

洋室から移動させたクライアント様の本やCD。

その他モロモロ、雑貨や写真など。

 

お部屋全体に広げてみると、

意外とモノを持っている事に気づきます。

 

置いておくもの、手の届くところに置くもの、処分するモノに分類。

 

 

 

収めるのは次回以降のため、再度、洋室へ。

 

本来はここには何も置かない予定です。

仮置き後に写真を撮ったため、このような状態です。

 

 

 

クローゼットは、今回は洋服は残して、

それ以外のモノを整理。

 

お子様のおもちゃの空き箱や

昔使われていたスポーツ用品、

そして紙袋が、思った以上に出てきました。

 

 

 



丈夫な紙袋は仮収納に使えるので、

使いたいもののみ残し、最終日に処分。

 

 

 

 

空いたスペースには、お子様のおむつやおしりふきなどの

使用期間限定のモノを収納しました。

 

 

次回は、隣の和室の押入れの中と、

タンスのお洋服を中心に整理させていただく予定です。

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事

「はなスキ会」おかげさまで好評です

October 20, 2018

1/2
Please reload

最新記事
Please reload

アーカイブ